ゴルフ肘の整体施術 | Hero's Body | 越谷市

ゴルフ肘

ゴルフ肘の原因を根本的に解決するためには、柔軟性を高め、関節の歪みを整え、トレーニングで筋肉を鍛えていくことが大切です。

痛みを減らすだけの対処療法では、ゴルフの練習量が増えてきた時にゴルフ肘を再発してしまう可能性があります。

 

ゴルフ肘の原因

ゴルフスイング

ゴルフ肘は繰り返しのゴルフスイングなどによって肘に負荷がかかることで引き起こされます。

球数や練習量が多くなってくると肘の負担が大きくなり、ゴルフスイングの仕方などによっても肘の負荷が変わってきます。

ゴルフ肘

肘関節の歪み、柔軟性や筋力低下もゴルフ肘につながりやすくなります。

骨や靭帯など重大な損傷が疑われる場合には、整形外科で診断を受けることが大切です。

 

ゴルフ肘の整体施術

柔軟性を高める施術

前腕はストレッチなどでほぐすには限界があるため、施術によって前腕の筋肉をほぐしていくことが効果を発揮します。

前腕や上腕の筋肉の硬さやコリは自覚していない場合が多く、知らず知らずのうちに腕が機能低下していることがあります。

前腕の整体施術

ゴルフ肘においては肩甲骨まわりの柔軟性を高めることも役に立ちます。

腕に力がこもってしまうと肘に負荷がかかりやすく、肩甲骨を活性化するなど身体全体を上手に使うことでゴルフ肘を防ぎやすくなります。

 

ゴルフ肘のトレーニング

前腕のトレーニング

ゴルフ肘のリハビリでは前腕を鍛えることが基本となります。

手首や前腕を鍛えていくことでゴルフ肘の改善や予防へとつながります。

前腕を鍛える様々なエクササイズがありますが、これだけでは十分な効果を得られないこともあります。

というのも前腕の筋肉は意識してもうまく力が入らないところがあり、特定の部分だけに負荷が集中してしまい、バランスの悪い筋肉になって逆効果を引き起こしてしまうことがあります。

身体の状態を見極めてより的確にバランス良く鍛えていくことがゴルフ肘を解決するポイントです。

 

肩甲骨のトレーニング

ゴルフにおいて肩甲骨が大事と言われることが多いですが、肩甲骨のトレーニングはゴルフ肘を防ぐ上でも重要です。

ゴルフのための肩甲骨のエクササイズには様々なものがありますが、肩甲骨を鍛えるうえで欠かせないのが筋肉のバランスです。

一部の肩甲骨のエクササイズばかりをやって、特定の筋肉だけが強すぎて逆効果になってしまうことが珍しくありません。

肩甲骨周りの筋肉のバランスをしっかりと見極めた上でアプローチしていくことが、肩甲骨の機能を高めるポイントです。

 

まとめ

ゴルフ肘を防ぐためには前腕や肩甲骨の柔軟性を改善し、肘関節を整え、トレーニングで前腕や肩甲骨を鍛えて効率的なゴルフスイングを身につけることが役に立ちます。

 

<参考文献>

  1. Amin NH, Kumar NS, Schickendantz MS. Medial epicondylitis: evaluation and management. J Am Acad Orthop Surg. 2015 Jun;23(6):348-55. doi: 10.5435/JAAOS-D-14-00145. PMID: 26001427.
  2. Kiel J, Kaiser K. Golfers Elbow. 2022 Jun 27. In: StatPearls [Internet]. Treasure Island (FL): StatPearls Publishing; 2022 Jan–. PMID: 30085542.

 

アクセス(越谷市蒲生駅から徒歩5分)

​<住所>
​埼玉県越谷市蒲生茜町23-2  WAnest W204
東武伊勢崎線「蒲生駅」徒歩5分
アクセス方法の詳細

<営業時間>
10:00ー21:00(平日)
10:00ー18:00(土日祝日)​
完全予約制

 

料金

お問い合わせ

2022年12月7日

© 2020 biomechclinic.com